服選びに迷わない「クローゼット収納」技

  • 忙しい朝にクローゼットの前で何を着るか悩む
  • 服は沢山あるのにいつも同じ服を着てしまう
  • 新しい服を買ったのに、同じような物を持っていた

なんてことはありませんか?
持っている服をしっかり活かせれば、オシャレの幅も広がり余裕をもって楽しめます。
クローゼット診断などもしている私が『使いやすいクローゼットの作り方』をご紹介します。

いつも同じようなコーディネートになる理由

服はあるのにいつも同じようなコーディネートや、着慣れたアイテムばかりになってしまう。
それは大きく分けて2つの原因が考えられます。

似合う服が少ない

服を沢山持っていても、似合うアイテムが少ししかないと、しっくりくる物は限られてしまいます。
自分の軸となる顔タイプを知っていれば、得意なアイテムを揃えることができるので余裕のあるクローゼットを作れますよ。

持っている服を把握できていない

自分の持っている服を把握できている方は意外と少ないです。
頭の中でクローゼットの中がパッとイメージできますか?
これができれば、今日着る服もさっとイメージできたり、ショッピングに行っても同じような物を買う事はなくなります。

使いやすいクローゼットの作り方

それでは、私が実践している『使いやすい自分軸のクローゼット』の作り方をご紹介します。

プロフィール
yoshimi

私は物が多いのが苦手です。できるだけシンプルに少ないアイテムになるよう意識しています。
少ないアイテムでも、基本が整うと余裕を持って楽しめますよ

クローゼットの中を3つのグループに分ける

クローゼットの中を3つのグループに分ける 似合うアイテム

・似合うアイテム
顔の印象や骨格などに、似合う要素が沢山ある1軍アイテム

クローゼットの中を3つのグループに分ける 似合わないアイテム

・似合わないアイテム
顔タイプや骨格などに、似合う要素が全くない。1番苦手なアイテム。

クローゼットの中を3つのグループに分ける 工夫次第で使えるアイテム

・工夫次第で使えるアイテム
1軍ではないが、似合う要素がいくつかある。
例えば、キレイめが似合う場合、カジュアルな素材でもデザインやシルエットがシンプルなもの。

まずは、クローゼットのアイテムの仕分けです。
3つのグループに分けていきます。

  • すごく似合うアイテム
  • 絶対に似合わないアイテム
  • 工夫次第ではつかえそうなアイテム

絶対に似合わないアイテムは、処分するかクローゼット以外の所へ一時保管がおススメです。
2年出番がなければ、トレンド感もあるのでもう処分しても良いと思います。
これでクローゼットは“似合うアイテムと使えそうなアイテム”だけになっているはずです。

自分に「似合う」か「似合わない」か判断できない時は…

・大人顔×骨感や直線を感じる→キレイめですっきりした服
・大人顔×柔らかさや丸みを感じる→キレイめで女性らしい服
・幼い顔×骨感や直線を感じる→カジュアルですっきりした服
・幼い顔×柔らかさや丸みを感じる→カジュアルで可愛らしい服
を参考にしてみてください。
それでも「自分では分からない」という方は、顔タイプ診断骨格診断がオススメですよ。

アイテムの場所や色をまとめる

プロフィール
yoshimi

クローゼットは全てハンガー掛けがおススメ(型崩れするニット等は別。)
ハンガーにかけられる量が把握できる適正量だったりします。
服が多い方は、ワンシーズンごとに使うものだけハンガー掛けするのも良いかも。

アイテムごとの場所をまとめる

迷わない服の選び方 クローゼット収納
  • トップス(ノースリーブや半袖)
  • トップス(長袖)
  • ボトムス
  • ワンピースやサロペットなど
  • アウター

このようにアイテムごとに場所を決めてハンガーにかけておきます。
その他の型崩れしそうなタンクトップやニットなどは引き出しへ。

さらに各アイテムごとの色をまとめる

迷わない服の選び方 クローゼット収納技

先程まとめた各アイテムの中で、さらに色をまとめてかけていきます。
トップス(ノースリーブや半袖)の中で、ブラック系・ブラウン系・柄物など色ごとにまとめるなどしておくと、
コーディネートを考える時にとても便利です。

ハンガーの色も統一するとGOOD

ハンガーの色が白や黒、シルバーなど沢山あるとクローゼットが見にくくなってしまいます。
服の邪魔にならないように、ハンガーの色を統一するとよりすっきり見えます。
スカートやボトムスは、クリップ式のハンガーを使うとスッキリします。
私がオススメするハンガーはMAWAハンガー(マワハンガー)。緩やかな肩のラインはカーディガンや薄手のニット、襟なしのトップスなどの衣類をピッタリととらえ、型崩れを防いでくれます。

迷わない服の選び方

クローゼットが整ったら、コーディネートを考えてみましょう。

メインのアイテムを一つ決めるところからスタート

メインにするアイテムをひとつ選んでください。
そして

  • その他をキレイめに合わせるか
  • カジュアルでラフにさせるか
  • ベーシックカラーにするか
  • 差し色で楽しむか

などクローゼットの前でサクサクと組んでいくことができますよ。

クローゼットがまとまると、コーディネートが考えやすくなったり、次に買い足すアイテムが決めやすかったりと頭の中でイメージしやすくなります。
ぜひ、時間がある時にでも思い切って整理してみてください。

顔タイプ診断 対面

あなたの顔はどのタイプ?

8つの顔タイプから自分のタイプが分かる「オンライン顔タイプ診断」

公式LINE@でタイプ別情報を配信中!

公式LINE@でタイプ別情報を配信中!

hazumu公式LINE@では、顔タイプ別のファッションやメイクのポイントや、毎日のおしゃれが楽しみになる情報を配信しています。「診断後に他のオプションも頼んでみたい」「ちょっとしたファッションの悩みを聞いて欲しい」など、ご気軽にご相談ください!

お友達追加で「顔タイプ診断セルフチェックシート」プレゼントしています。

友だち追加


この記事を書いた人

yoshimi

yoshimi

顔や骨格から“似合う・得意”なファッションやヘアスタイルをご提案。
女性のライフスタイルに寄り添った「明日からできる再現性」がモットー。